未分類

n■マイ ナチュレカラートリートメント染まらないときコツや上手に染める対処法を紹介

マイナチュレカラートリートメントって本当に染まるのでしょうか?

過去に市販のトリートメントで白髪染をしたけど上手く染まらなかったという経験の方は多いと思います。

  • 白髪が染まりにくいので困っている
  • マイナチュレカラートリートメントで上手く染めるコツを知りたい。
  • 白髪が染まりにくい時の対処法は?

などなど、マイナチュレカラートリートメントの購入前に知りたいことを調査してみました。

マイナチュレカラートリートメントの3つの特徴

白髪染めトリートメントで人気のマイナチュレカラートリートメント「染まる」ことにこだわったカラートリートメントです。

その特徴は

  • しっかり染まるカラートリートメント
  • 頭皮やお肌にやさしい天然植物成分配合
  • 安心・安全3つのテストを実施済み

特に染まり具合に関してのモニターアンケートで「よく染まる」との回答が96.1%もありました。やはり白髪染めトリートメントは染まらないと意味がありませんね。

市販のカラートリーメントと染まりを比較してみると

管理人(55歳)も白髪が多くトリートメントタイプでは
染まりにくく、すぐに白髪が目立ってましたが、マイナチュレカラートリートメントの場合はどうなのでしょうか?

市販のカラートリーメントと染まりを比較

マイナチュレカラートリートメントはどんな白髪でも染まりやすいように成分を調整されているのがポイントです。

染めるだけでない多方面のケアができるカラートリートメント

またマイナチュレカラートリートメントは染まり方に加えてさらに様々な成分が含まれていて髪や頭皮のケアもできるのでもう手放せません。その効果と植物由来の成分をまとめました。

白髪ケア 美しく自然な髪のために退色防止や髪をキレイに見せる成分を配合
アシタバ葉 ウコン根茎 オレンジラフィー油 フユボダイジュ花

スカルプケア 髪や頭皮にやさしく、ダメージを与えない成分を配合
ゴボウ根 ローズマリー葉 セイヨウキズタ葉 アルテア根 スギナ ボタン ガゴメ

ヘアケア 髪のダメージをケアする成分・染めてもパサパサにならない
ホホバオイル アルガンオイル

エイジングケア 年齢からの衰えた頭皮や毛髪の環境を整える成分
アルニカ花 オドリコソウ花 セイヨウオトギリソウ カミツレ花 セージ葉

安心のテスト済みの白髪染めトリートメント

体に優しい商品が求められます マイナチュレカラートリートメントは

  1. パッチテスト (皮膚の炎症反応の確認するテスト)
  2. アレルギーテスト(連続使用によるアレルギー症状の確認するテスト)
  3. スティンギングテスト(敏感肌の方を対象にした感覚的な刺激の確認するテスト)

のテストを実施しており安心です。

マイナチュレカラートリートメントの使い方

使い方の特徴

  • 3~4日に1回の頻度で染める
  • 薬剤を混ぜる必要がなく、準備が簡単
  • 塗布後の放置時間はたった10分

染まらない原因のチエックポイントと対処方法

上手に染まるコツと染まらない場合の対処方法をまとめてみました。

染まらない場合には以下のようなことが考えられますのでまずチェックしてみてください。

髪の汚れ・整髪料が良く落ちていない場合

整髪料などが付いたままだと、染まり具合がムラになってしまうことがありますので、髪の汚れや整髪料は落としてから塗りましょう。

シャンプー後、水分の落とし方が足りない場合

マイナチュレカラートリートメントを塗る前の髪に水分が多いと、トリートメントが水分で流れ落ちてしまいます。洗髪後はタオルでしっかり水分がなくなるまで髪を拭きましょう。

使う量が少ない場合

髪の長さに合わせた適量を使用しましょう。使用量が少ない場合、色が薄くなったり、染まりにくい場合がありますので注意しましょう。

使用量と回数目安

  • ショート: 30グラム/1回、約6.6回分
  • セミロング: 35グラム/1回、約5.7回分
  • ロング: 40グラム/1回、約5回分

放置時間が短い場合

塗ってすぐに洗い流すとトリートメントが流されて白髪染め効果が薄くなります。5分から10分しっかり髪に染みわたらせてから洗い流しましょう。

マイナチュレカラートリートメントで上手に白髪を染めるコツ

マイナチュレカラートリートメントには上手く染めるコツがあります。

コツ1: 使用する回数を多くする(長時間放置よりこまめに染める回数を増やす)

コツ2: 染まりにくい部分は重ね塗りをする(重ね塗で髪に色を浸透させましょう)

コツ3: ヘアカラー専用のブラシを使う(塗りにくい頭皮まわりの白髪や生え際に有効)